早漏で悩まないで01 早漏で悩まないで02 早漏で悩まないで03

性の悩み

性の悩みというのは人それぞれいろいろあります。
なかなか人に言いづらいものではありますが、多くの人が何かしら性のことに関して悩みを持っているものです。

男性の場合、早漏で悩んでいる人はとても多いのです。
早漏というのは、文字のごとく読めば「早く漏れてしまう」、つまり射精するのが早いということです。
でも、この定義は非常に曖昧です。

「早い」という感覚的な問題は、人によって感じ方が違いますよね。
その感覚は、男女ともに過去の経験から「早い」、「遅い」を自分なりに算出しているわけです。
前の彼氏はこのくらいの時間だった・・・それに比べてこの人は早い、とか、昔はもっと長く持続できたのに最近射精するのが早い、とか。
人によっては5分でも早いと感じるかも知れませんし、また別の人は20分でも早いと感じるかもしれません。

ですから、早漏を時間的な解釈で定義づけるのは難しいんです。

では、早漏とはどんな状態のことを言うのかというと、「射精のタイミングを自分でコントロールできない」状態を言います。
完全にコントロールすることは難しいでしょうけれども、ある程度のコントロールはできるはずです。
ですが、早漏の人の場合には、そのコントロールがうまくできずに「漏れてしまう」わけです。

早漏の人が共通して思っているのは「女性に申し訳ない」ということや「もっと長く挿入を楽しみたいのに」ということです。
女性側からしても、「挿入時間が短すぎて満足できない」という不満が生まれがちです。
性の問題というのは非常にデリケートですから、ちょっとした行き違いや見解の違い、感覚の違いが二人の関係にヒビを入れてしまうこともあります。